トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品カテゴリ

■セキュリティステッカーの貼り方

※貼り付け作業温度
貼り付け作業の適温は、15℃〜25℃
・夏期 30℃以上の場合
温度が高いと接着力が増し、作業しづらい場合があります。
朝夕の気温の低い時間帯、または日陰などで作業してください。
・冬期 10℃以下の場合
接着力が低下するので、ウエット工法(水貼り)は避けてください。

 

商品は、台紙、ステッカー、リタックシートの3層構造になっています。
1 リタックシート(透明シート再剥離タイプ)
2 ステッカー(透明シート、ラミネート)
3 台紙(白い紙)

 

  ・貼る面の窓ガラスを綺麗にクリーニングしてください。
  ・ステッカーを貼る位置は、窓ガラスの外側にマスキングテープを貼り位置決めをするときれいに貼れます。
  ・ステッカーを台紙から剥がします。ステッカーを裏返して台紙側からステッカーを剥がすと、剥がしやすいです。(リタックシートにステッカーが付いた状態。)
ステッカーを台紙から剥がす際、あらかじめ手とステッカーの粘着面に水を吹きかけて湿らせておくと、位置決めがしやすいです。(水で、ステッカーを貼った後でも若干動かせます)

※水を付け過ぎると、ステッカーが窓ガラスに付くまでに時間が掛かります。水を付けすぎた場合は、粘着面の水を拭いてください。

・位置が決まり、ステッカーを窓ガラスに貼り付けたら、リタックシートの上から、指や、スキージなどを使用して気泡や水を端に押し出してください。水や気泡が残っていると白濁りの原因となります。

・しばらく時間を置き(粘着、乾燥)、ステッカーが窓ガラスに貼り付いたらリタックシートを剥がします。気泡が出来た場合には、カッターの先端で気泡部分に穴を開け気泡を取り除いてください。
  ・しばらく時間を置き(粘着、乾燥)、ステッカーが窓ガラスに貼り付いたらリタックシートを剥がします。気泡が出来た場合には、カッターの先端で気泡部分に穴を開け気泡を取り除いてください。

※ご注意
ステッカーを貼ってから、すぐに窓ガラスを開閉すると、ステッカーがずれたり、ドア内にステッカーが剥がれ落ちるなどの可能性がありますのでご注意ください。